お役立ち情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
Information
お役立ち情報

私は古着を利用したことがない。それは知らない人の着たものを着るのに抵抗があるという潔癖な一面がそうさせるのだと思うのだけれど、古着を愛して、古着屋廻りをしている人たちがいるのは知っている。古着の価値というものをよくわかっていなかったが、テレビでスマップの草なぎ剛が、熱くヴィンテージものと呼ばれる古着のジーンズの話をしているのを聞いて、古着の価値とか、古着を愛するひとたちの気持ちがほんのちょっとだが、なんとなくわかった。スマップでは木村拓哉も革のジャンパーとか、革のジャケットとか、ジーパンとか、古着を集めているようで、なんだか語る姿が熱かった。そしてその古着、歴史があればあるほど、数などが少なく稀少であればあるほど、価格が高い。当時の汚れや空気が残っていることが重要なようで、古着のジーパンを熱く語っていた草なぎ剛は、ジーパンを洗わないと言っていた。そのジーパン、安くて一本10万円とかするのだから、そうゴウンゴウン洗うわけにはいかないだろう。洗濯してしまうと、その価値が落ちるそうだ。古着、ブランドがついたらまたすごいものなのだな。